ムーラン・ナ・ヴァン ☕️

映画とテニスとおまかせ日記・・・好きなカテゴリーをお選びください

これはアンドロイド界の神話じゃないのか?【ブレードランナー2049】

35年ぶりの続編で163分の大作
失敗の予感しかしてなかったのですが、サドンデス覚悟で挑戦しました
ブレードランナー2049』2017年公開f:id:truelies1:20220321160507j:plain
前作のファンが多く、評価は高いようですが、とにかく不安でした(笑)
けれども一気に見ることができました

2049年ブレードランナーのKはロサンゼルス市警に所属し、
旧型のレプリカントを解任(抹殺)する仕事をしていました
ある日、Kは逃亡レプリカントの解任後、庭に埋められた箱を発見します
ところが、箱の中には驚愕の事実が残されておりましたf:id:truelies1:20220321182331j:plain
Kはその事実の捜査と隠蔽を命じられます

正直な話、前作にそれほど特別な思いもなく
世界観にものめり込めなかったのですが、
(きっと成長したのでしょう)
今回の方が面白く感じました
(あくまで個人の感想です)
映像がキレイで丁寧にストーリーが進んでいきます
じっくりみせるゆったりテンポが続きますが、
(3割り増しです)
163分というのも納得できます

A I ホログラムには参りました
f:id:truelies1:20220321184348j:plain
アナ・デ・アルマスに驚いていたら、
他の映画でも見たA I エピソードを披露してくれてますf:id:truelies1:20220321184731j:plain
ご主人様のため別の女性を呼び出して…
既視感を感じるシーンでした

ルトガー・ハウアーラオウみたいだった前作を少しずつ思い出し、
朧げにラストシーンも思い出しました
ユリアとケンシロウのように俗世を離れたデッカードとレイチェル
ブレードランナーって北斗の拳だったのか(笑)
最後に、あれはどうした?これはどうなってる?
と多くの疑問を抱えたまま見応えたっぷりの時間が過ぎました
続編あるのかな〜?

でも、既にキャパオーバーです