ムーラン・ナ・ヴァン

映画とテニスのおまかせ日記・・・好きなカテゴリーをお選びください

ボリウッドに次ぐトリウッド作品【バーフバリ 王の凱旋】

思っていたよりスケールが大きかったインド映画でした
撮影のオリジナル言語はテルグ語
バーフバリ 王の凱旋(2017年公開)
ヒンディー語ではないらしい・・
日本語吹き替えで観ました

国母シヴァガミから王位継承を託されたバーフバリは、
自ら治めることになる国を視察するために、
信頼する忠臣カッタッパと共に身分を隠し、旅に出ます

その旅でクンタナ王国の王の妹デーヴァセーナに一目惚れしますが、
王位継承争いに敗れたバーフバリの義兄バラーラデーヴァは、
バーフバリとデーヴァセーナの仲を裂き、
バーフバリを王座から引き降ろすべく邪悪な策略を巡らせていました
やがて、王位を奪ったバラーラデーヴァは、
いまだに民衆から圧倒的な人気を誇るバーフバリと
生まれたばかりのその息子の命をも亡きものにしようとします

映像のテイストは、
アラジンやライオンキング、ムーランなどの
ディズニーのアニメーションのようで、

お話のテイストもベタベタな感じかと思いきや、
後半は「!?」な展開から「あ〜、そうなんだ!」と
ちょっと捻りを加えられた感じでした

人気の映画だと紹介されてましたが、
特有の風味は好みが分かれそうです
意外性の出し方が何と申しましょうか…
カッタッパってどうなってるの?でしたね
前作を見た方がより理解は深まりそうです
インド映画のパワフル感に押されまくりました

王族の権力争いはともかくとして、
嫁姑争いも中々大変なのでございます

この映画、続編の話でした