ムーラン・ナ・ヴァン ☕️

映画とテニスとおまかせ日記・・・好きなカテゴリーをお選びください

ホントは怖い童話的なお話(?)【マローボーン家の掟】

スペイン・アメリカ合作のホラーサスペンス系のドラマ
『マローボーン家の掟』2019年公開

1960年代末のアメリ
母がかつて住んでいた片田舎の古めかしい屋敷に家族5人が引っ越してきました
祖国イギリスでの過去を捨て、苗字をマローボーンに変え、新しい人生を踏み出そうとしていました

しかしその矢先、母ローズ(ニコラ・ハリソン)が病で亡くなってしまいます
長男ジャック(ジョージ・マッケイ)は、21歳になるまでひっそりと暮らすようにという母の遺言を守るため、妹や弟たちに5つの"掟"を厳守するよう言い聞かせます

妹弟の親代わりを務めるプレッシャーに押しつぶされそうなジャックの心のよりどころは、この地で知り合った女性アリー(アニャ・テイラー=ジョイ)の存在で…

「鏡を覗いてはならない」という掟
宣伝動画を見る限りでは、幽霊屋敷に訳アリ家族が住んで色々驚く話だと思っていましたし、(あやふやな記憶の中で)「アザーズ」とか「ミラーズ」という映画が頭に浮かんでいました

「屋根裏部屋に近づいてはならない」という掟
この掟は結局フリです(笑)そして、、、大変です!

「"何か"に見つかったら砦に避難しなくてはならない」という掟
"何か"ってなに? 生きてるの? 幽霊なの? なんなの?
と散々悩みましたが、
エンディングが美しくて、もはやホラーではありません
これもホラー修行にならないホラー映画です(笑)

あの医者はヤブだね