ムーラン・ナ・ヴァン ☕️

映画とテニスとおまかせ日記・・・好きなカテゴリーをお選びください

フランダースに匹敵する?【HACHI 約束の犬】

忠犬ハチ公の話をアメリカでリメイクした作品
主演:リチャード・ギア
『HACHI 約束の犬』2009年公開

日本から飛行機でアメリカに渡った秋田犬の仔犬は、着いた先の鉄道駅でケージごと置き去りになってしまいます
仔犬を見つけた大学教授のパーカー(リチャード・ギア)は、仕方なく犬を連れ帰りますが、妻のケイト(ジョアン・アレン)からは嫌な顔をされます
パーカーは、同僚から首輪に漢数字「八」と書いてあることを教えられ、「ハチ」と名付けました

成長したハチは、毎日決まった時刻の電車で帰って来るパーカーを駅に迎えに行くようになっていました

ある朝、ハチはパーカーに対しておかしな様子を見せ…

アメリカでは限定公開だった
あまり評判を聞かなかったのでアメリカではウケない失敗作だと思っていました
しかし、渋谷のハチ公像の前は、この映画の話を知った外国人観光客が写真を撮るために行列しているとニュースで知り、興味が湧きました

米国リメイクへの心配は杞憂でした
リチャード・ギアの「ハチー」という呼び声はなんだか妙な感じですが、余計なセリフがなく、日本人のおじさんが見ても感動できます
この記事を下書き保存していたら、この映画で泣きまくっている外国人の動画YouTubeでおすすめされました(笑)

油断大敵
なんとなくパトラッシュもオーバーラップしてしまい、人によってはかなりの水分を失うほど爆泣き可能です

ベタな役が似合うギア様(失礼!でも…笑)