ムーラン・ナ・ヴァン ☕️

映画とテニスとおまかせ日記・・・好きなカテゴリーをお選びください

犯罪映画を見てる気がしない第2弾【インサイド・マン】

監督:スパイク・リー 主演:デンゼル・ワシントン
ジョディ・フォスター、クライブ・オーウェン共演のクライムサスペンス
インサイド・マン2006年公開

塗装業者を装ったダルトンラッセル(クライヴ・オーウェン)ら4人は、白昼堂々マンハッタン信託銀行の支店に押し入り、銀行内にいた従業員と客を人質にして立てこもります
ニューヨーク市警のキース・フレイジャー刑事(デンゼル・ワシントン)が担当になり現場の指揮をとることになりました

銀行の会長であるアーサー・ケイス(クリストファー・プラマー)は事件の知らせを受け、弁護士のマデリーン・ホワイト(ジョディ・フォスター)にある依頼をします

マデリーンは依頼を受け、自分がスムーズに現場へ入れるように、弱みを握っている市長に圧力をかけに行きます

一方、犯人たちは人質全員の携帯を没収し、自分たちと同じジャンプスーツとマスクを着けさせ、部屋を分けて監禁しました

この監督作品を初めて見ました
デンゼル・ワシントンジョディ・フォスターというキャスティングは魅力的で、警察と犯人の攻防というスタンダードなストーリーも良好です
もっと過激な表現をする監督かと思いましたが、洒落てます

アクション少なめ・・
勢いよく始まりますが、冷静で計画的な犯人たちです
依頼や命令、交渉が多くなり…
権力者の圧力ワードに対するやりとりはアメリカを感じます

巧妙なようで・・
犯人グループは非常に賢い行動を見せ、展開に期待を感じさせますが、犯行の意図がわかるようで分かりにくい(笑)
誰もが疑問を感じるラストではなかろうか?

スッキリさせない系や〜