ムーラン・ナ・ヴァン ☕️

映画とテニスとおまかせ日記・・・好きなカテゴリーをお選びください

山に登るのも洞窟を探検するのもキビシイな〜【サンクタム】

ジェームズ・キャメロン製作総指揮のパニックアドベンチャー
サンクタムとは「踏み入れてはならない自然の聖なる領域」
サンクタム2011年公開

ジョシュ(リース・ウェイクフィード)は、冒険家の父フランク(リチャード・ロクスバーグ)と世界最大にして前人未踏の地下洞窟の探索に来ています
ジョシュは父への反抗心から仕事の持ち場を離れ、勝手に冒険のスポンサーを迎えに街の港へ行ってしまいました

地上から2000メートル地下の前方基地では、フランクが仲間と共に地下水脈に潜水を始め、幸運にも未知の空間を発見できましたが、前方基地へ帰還する途中、酸素チューブの破損で仲間が溺死してしまいます
地下でその事故があった頃、地上では大型のサイクロンが上陸し、大量の雨が洞窟内に流れ込んできました

「これは実話に基づく話です」
とテロップが入り期待と緊張が入り乱れるオープニングでした
きっと、サクセス系アクションアドベンチャーだろう
登山よりトラブルは少なかろう
と思ったのですが、悪天候に苦しめられます

この映画にどのくらい反響があったか分かりませんが、これは中々の問題作ではと思わされるフシがあります
冒険者の倫理というかルールというか・・
疑問の声が上がりそうですが本当にこれでいいのだろうか?
実話なら厳しい話です

ある有名なパニック映画を思い出しましたが、個人的にはおススメしにくい一本でした💦

冒険家の血が流れている人向け!