ムーラン・ナ・ヴァン

映画とテニスのおまかせ日記・・・好きなカテゴリーをお選びください

紙一重の世界【ファントム・スレッド】

第90回アカデミー賞で作品賞ほか6部門にノミネートされ、
衣装デザイン賞を受賞した作品
個人ブランドのドレスデザイナーの話です
ファントム・スレッド(2018年公開)
このタイトルとキービジュアルからは想像できない話です

1950年代のロンドンで活躍するオートクチュールの仕立て屋
レイノルズ・ウッドコック(ダニエル・デイ=ルイス)は、
英国ファッション界の中心的存在として社交界から脚光を浴びていました

ある日、レイノルズはウェイトレスのアルマ
(ビッキー・クリープス)と出会い、
彼女を新たなミューズに迎え入れました     

彼はアルマの“完璧な身体”を愛し、
彼女をモデルにドレスを作り続けました    

仕事中はアルマに無神経な態度を繰り返すレイノルズ
それに不満を募らせるアルマ…
華やかなオートクチュール(高級仕立服)の裏側で、
狂おしい愛の心理戦がはじまります

タイトルの「ファントム」からのイメージで・・
泥棒の話だと思って手に取ってました
しばらく黙ってみていましたが、なんのお話なのかよく分からず?   

最初、レイノルズのセリフが不思議で、
字幕では「姉さん」なのに対し、
日本語吹き替え音声では「年上の誰かさん」
と呼んでおり、謎の雰囲気に翻弄されました

BGMなんかもゆったりと格調高い感じで、
これもまた怪しげです
一体どうなってるの?と思っていると
蛍の光」(えっ!)がかかるシーンもあり
一旦和みます

最後はもうひたすら震えます
BGMは相変わらずなのに・・この話は怖い・・
ファントム(幽霊)だから?
ホラーなのか(泣)?

弱ってる時は気をつけよう!