ムーラン・ナ・ヴァン

映画とテニスのおまかせ日記・・・好きなカテゴリーをお選びください

ゲバラの南米放浪記【モーターサイクル・ダイアリーズ】

親友と二人でバイクに乗って「旅」をする
観光旅行ではない二人「旅」
実話ベースのドラマです
モーターサイクル・ダイアリーズ2004年公開
チェ・ゲバラというのは あだ名 で、
この話の中ではそう呼ばれてはいません

1952年、アルゼンチンに住むエルネスト・ゲバラ
ガエル・ガルシア・ベルナル)は、
23歳の医学生で、スポーツ好き、喘息持ちの青年でした
大学卒業前に、彼は親友のアルベルト・グルナード
ロドリゴ・デ・ラ・セルナ)と数ヶ月の旅を計画してました
オンボロバイク「ポデローサ(怪力号)」に跨って、
本でしか知らない南米大陸縦断の旅に出発します


アルゼンチンのブエノスアイレスからチリ、ペルー、コロンビアを経て、ベネズエラの最北端カラカスまでの12,425キロを旅します

ノートン500」というバイク
“えっ、これでいくの?”というレベルのバイクでした
そして心配通り、半ばでドナドナなのです
後半の1時間はノーサイクル・ダイアリーズです

まさかの「喘息持ち」
キューバの名産品である葉巻吸ってる写真がありますが、
大丈夫なのか?と心配になります
ゲバラは生涯喘息で苦しんだそうですが、
旅の途中でも何度か発作を起こします

【おまけの話】
最近の南米バイク旅というと、
ユアン・マクレガーのドキュメンタリー番組
「Long Way Up」があります       

ハーレーダビッドソン初の完全電動モーターサイクルで、
アルゼンチンの南端からロサンゼルスまで(13,000マイル)
を100日間で走ります(見たい!)

しばし並走の物語という表現がしびれる