ムーラン・ナ・ヴァン

映画とテニスのおまかせ日記・・・好きなカテゴリーをお選びください

フアレス市長から抗議された【ボーダーライン】

アメリカ/メキシコ国境付近の麻薬組織撲滅を目指して
FBIの女性捜査官が特殊班に入ってみた・・・的な話
『ボーダーライン』(2016年公開)
原題は「Sicario」(ヒットマンという意味のスペイン語
邦題との間に距離があります_笑

FBI誘拐即応班のケイト(エミリー・ブラント)は、
容疑者の家に突入し、壁に埋め込まれた多くの死体を見つけます
それがメキシコの麻薬カルテルの仕業とわかり、
ケイトはカルテル専任捜査官に抜擢されることになりました
特殊捜査班として国防総省のマット(ジョシュ・ブローリン)と、
コンサルタントのアレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)と共に
テキサス州エルパソへ向かうはずでしたが、
車は国境を超えて対岸のフアレス(メキシコ)へ・・・                

ケイトはこれまでの常識が通用しない現場に放り込まれ、
常軌を逸した作戦内容について説明を求めますが、
マットからは「早く慣れろ!」と言われます

主演エミリー・ブラントと言われて、
意外すぎて全く役のイメージができませんでした
役の幅が広い方なのだと認識を改めました                

難攻不落組織の攻略ストーリーとして考えると、
それほど突飛な話ではないと思うのですが、
銃と麻薬ビジネスとなると、
サドンデスの緊張感が常に漂います

時代は変わリましたね〜
自分は娯楽作ばかり見てたので、
マットやアレハンドロ役にイケメン俳優を使って
「やっぱりアメリカは強くて正しいだろ!」
みたいな感じにしてる話が好きでした
でも、そうしないのが現代風なのでしょうか

はう無力感〜