ムーラン・ナ・ヴァン

映画とテニスのおまかせ日記・・・好きなカテゴリーをお選びください

思ったよりSFだった【ワイルド・スピード/スーパーコンボ】

世界的ヒットを記録してきたアクション映画
シリーズとしては通算9作目(2019年公開)
ワイルド・スピードスーパーコンボ


これは『ワイルド・スピード』のスピンオフ作品なんですね

元MI6のデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)と
元FBI特別捜査官ルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)は、
米英両政府からある事件解決のため協力要請されます          
 
仕事はMI6を裏切ってテロリストとして逃亡中の
ハッティ(ヴァネッサ・カービー)を保護する事でした

ハッティはカプセル充填された猛毒ウイルスのキャリアで、
テロ組織の超人ブリクストン(イドリス・エルバ)に
追われていました
 
二人は単独で行動を始めますが、
時間もなく渋々協力することにします
しかもハッティは実はデッカードの妹でした

今まで手を出さなかった「ワイルド・スピード
宣伝映像で何度もお目にかかっていましたが、
ついに手にとってしまいました
90秒の宣伝映像だけで十分面白いです
この作品は正規のシリーズではなく、
ファンの間ではかなり微妙な問題作らしいですが、
個人的にはノープロブレムです

車とアクションが魅力の映画です
この作品ではマクラーレンがカッコ良!
そのマクラーレン」を追いかけるバイクも良!          
 
僅かに見えたロゴはトライアンフでした
特殊カスタムのフロントランプは目立つのですが、
ベース車が何か分かりません(バイクの話!)

とりあえず、ウィルス感染せず安心しました
もしかしてコロナウィルスもこの映画みたいな経緯があって
広まったのかね〜

話はワイルドというよりラフかな〜