ムーラン・ナ・ヴァン

映画とテニスのおまかせ日記・・・好きなカテゴリーをお選びください

お婆ちゃんからの婚約祝いプレゼントは【赤ずきん】

原題は「Red Riding Hood」だから、
頭巾(ずきん)というのは乗馬用のフード(コート)だったのですね
赤ずきん』(2011年公開)


グリム童話をもとにしたファンタジックホラーなサスペンスラブストーリー?

ヴァレリー(アマンダ・サイフリド)が暮らす村は、
昔から人を襲う狼に悩まされてきましたが、
家畜を生贄にして長い間、被害者が出ていませんでした

ヴァレリーは幼馴染のピーター(シャイロ・フェルナンデス)
と愛し合っていましたが、
母親のスゼットが鍛冶屋のヘンリー(マックス・アイアンズ)と婚約させます

ヴァレリーはピーターと駆け落ちして村から出るつもりでしたが、
姉のルーシーが狼に殺されてしまい、その機会を逃してしまいました
やがて村にやってきた狼退治のスペシャリストである
ソロモン神父(ゲイリー・オールドマン)が、

『これは普通の狼ではなく、人狼の仕業だ!』と言います
『今も君たちの中に、人の姿で潜んでいる!』という言葉に、

村人たちは動揺します
ヴァレリーは、ピーターとヘンリーの言動が怪しく思えてきます

定期パトロール先の記事を見てレンタルしに行った作品です
ホラーコーナーにはなく、サスペンスコーナーにもなく、
ラブロマンスコーナーで見つけました
赤ずきんちゃん」が大人になったのではなく、
 大人になって「赤ずきん」になった話です
でも、ちゃんとあの童話はしっかり活かされてます
予想以上に面白かったです

「狼男」でなく「人狼」と表現してるのは、
やはりジェンダーレスを意識しているんだろうか?
とりあえず変身後の姿が、
マイケルの「スリラー」風じゃなくて良かったです

実は昔から人狼は好きでした

赤い満月の夜道は気をつけましょう!

tym-9z.hatenablog.com