ムーラン・ナ・ヴァン ☕️

映画とテニスとおまかせ日記・・・好きなカテゴリーをお選びください

これぞ多様性【彼は秘密の女ともだち】

先日記事にした『危険なプロット』の監督フランソワ・オゾンの作品
タイトルからしてコメディだと思っていましたが、
ムムム、この監督の作品は一筋縄ではいかないらしい
彼は秘密の女ともだち』(2015年公開)
ハッキリ言って「ヤバイ!間違えた!」と思いました

幼い頃からの親友ローラ(イジルド・ル・ベスコ)を亡くし、
クレール(アナイス・ドゥムースティエ)は悲しみに暮れていました


ローラの夫・ダヴィッド(ロマン・デュリス)と娘の様子が気になり、
彼を訪ねると、そこには女装して娘をあやすダヴィッドの姿がありました
すっかり化粧もしています


戸惑うクレールでしたが、
ダヴィッドから女性の服を着たいのだと打ち明けられます

やがて女装した彼を“ヴィルジニア“と名付け、
徐々に女ともだちとして受け入れていきます

始まりから小さな違和感を感じていましたが、
段々場違いの世界に迷い込んだ気分になります(笑)
これはボツかなと一瞬思いましたが、紙一重で気持ちを立て直しました

女装の男役はロマン・デュリス
以前アップした『タイピスト』の社長役の方でした
仏映画に少し手を広げたら、こんな結果になりました(笑)

【劇中テニスのコーナー】
まさかのテニスシーンがありました!しかも2ヶ所

ハイスクール時代(親友が失恋)と結婚後(1対2の変則マッチ)
タイピスト』のロマン・デュリスは上手かったのに今回は下手(役?)でした

【劇中ジャパンのコーナー】
クレールの愛車はマツダロードスター

セカンドカーで奥さんが乗っています・・・フランスに似合ってます💕

それにしてもこの物語ときたら!!

小さくても違和感には要注意だ