ムーラン・ナ・ヴァン

映画とテニスのおまかせ日記・・・好きなカテゴリーをお選びください

事件関係者も観たのだろうか?【罪の声】

正直な話、スゴいところを題材に持ってきたな…と絶句した映画です
そこのところ、掘り返しちゃうんだ…と唖然としながら
おそるおそるようやく手に取りました(震)
『罪の声』(2020年公開)f:id:truelies1:20220109215422j:plain
フィクションということですが、
元となった事件をきれいにトレースしているので、
色々な意味でおののきながら見ました(笑)

新聞記者の阿久津英士(小栗旬)は、昭和最大の未解決事件の真相を追う中で、犯行グループが使用した子供の声の脅迫テープのことが気になっていましたf:id:truelies1:20220109223914j:plain
一方、京都で仕立屋を営む曽根俊也(星野源)は父の遺品の中から
カセットテープを見つけます
それには、小さいころの自分の声が録音されており、その内容が、
未解決の歴史的事件で使用された犯行テープと同じものだと気付きますf:id:truelies1:20220109224112j:plain
やがて2人は交叉し一緒に真相探りを続けます

モチーフとなった事件は衝撃的なもので、
子供の声のテープは今聴いても寒気がします
ただ、その頃子供の声は肉声ではなく、
何かで上手く作った人工の音声だと思い込んでいました
それだけ、不気味で恐ろしく浮世離れした事件だと思っています

犯罪者の家族の話は重そうで苦しそうで、
昨年は見る勇気が出ませんでしたf:id:truelies1:20220109235611j:plain
面白かったという意見に背中を押されやっとレンタルしたものの
予想通り目から汗が流れ・・・それでも軽く済んだのは
メインのキャスティングがこの2人だったからだと思います(笑)

最近は身代金目的の誘拐犯罪は映画でもありませんし、
実際にもありません
身代金を上手く手にする方法がないと報道や映画などで周知されたから?

身代金誘拐を題材にしたお気に入りの作品があります

『誘拐』(1997年公開)・・サスペンスドラマですf:id:truelies1:20220109232312j:plain

大誘拐』(1991年公開)・・サスペンスコメディですf:id:truelies1:20220109232556j:plain
対照的な作品でしたが、邦画としては珍しく好きな話でした