ムーラン・ナ・ヴァン

いつも風まかせ〜 ♩

共感できる…?【her/世界でひとつの彼女】

以前から気になっていた映画を借りてみました
映画の紹介文をいくつか見たのですが、
見たいような、見たくないようなで結構ペンディングのまま放置してました
her/世界でひとつの彼女』(2014年公開)f:id:truelies1:20210619103227j:plain
AIタイプのOSに恋する男の話・・・ということですが、
なんだかなぁ
気味が悪かったり後味悪いのは嫌だな〜と思っておりました

セオドア・トゥオンブリー(ホアキン・フェニックス)は手紙の代筆を仕事にしていました
妻・キャサリンルーニー・マーラ)と離婚協議中の彼はある日、AI型OSのサマンサ(声:スカーレット・ヨハンソン)を手に入れます
人間の様な口調で会話できるサマンサの魅力的な声を聞いて毎日やりとりしているうちに、セオドアはOSのサマンサと楽しく過ごせる様になっていきます
f:id:truelies1:20210619131647j:plain
サマンサはセオドアのあらゆる要求に応えようとしますが・・・

OSのサマンサの声をスカーレット・ヨハンソンが担当していて、PCが彼女のハスキーな声でテンポよく喋っています
日本語の吹き替えではサマンサの声を林原めぐみさんが担当
彼女はスカーレットヨハンソン役を他の映画でも担当していますし、アニメ声優としても名探偵コナン灰原哀役を演じていて、個人的には聞きやすかったですf:id:truelies1:20210620075256j:plain
映画の内容的には単純な恋愛話でなく…女性の方が理解しやすく、男性にはピンと来ないものではないかと思いました(500日のサマーのパターンかも?)
夫婦仲が悪くなる一因を描いているのですが、正直なところ、自分には1度見て即感じ取ることができませんでした
見終わってから、所々感じるシーンの違和感って何だろうと色々考え、ラストシーンの意味を考え、シーンの解説を見て…f:id:truelies1:20210620081001j:plain
中々『愛』にたどり着けなかった男の話と言う結論に至りました(あってますか?)
男って、そんなに押し付けているのかな?
と自分の中にもセオドアを見つけることができて複雑です(沈)