ムーラン・ナ・ヴァン ☕️

映画とテニスとおまかせ日記・・・好きなカテゴリーをお選びください

今年のウイナーは誰でしょう【全仏オープン2021】

男子シングルス準決勝第1試合
世界ランク6位のアレキサンダー ズベレフ(ドイツ)と同5位のステファノス チチパス(ギリシャ)の対戦ですが、チチパス選手(写真左)が6-3、6-3、4-6、4-6、6-3のセットカウント3-2でズベレフ選手を破り、グランドスラム初の決勝進出を果たしました
f:id:truelies1:20210612073441j:plain
5セットのうち4セットがワンブレイクで決まる展開でした
ズベレフ選手も2セットダウンからよく挽回したのですが、最終セットは流れをたぐり寄せられませんでした

男子シングルス準決勝第2試合
世界ランク1位のノバク ジョコビッチセルビア)と同3位のラファエル ナダル(スペイン)が対戦し、ジョコビッチ選手が3-6、6-3、7-6(7-4)、6-2のセットカウント3-1でナダル選手に勝利しました
2年連続の決勝進出ですf:id:truelies1:20210612075107j:plain
ナダル選手は14回目の優勝と5連覇がかかっていたのですが、残念でした
第1セットはナダル選手がゲームカウント5−0と一方的にリードし、まるで昨年と同じ展開(昨年は6−0でスタートしました)を思わせました
ところが、第2セット以降ジョコビッチ選手にきっちり詰められてます
昨年の決勝戦の雪辱を果たしたジョコビッチ選手は、2016年に1度優勝経験があります
とりあえず男子の3強選手の1人がまたもや決勝なんですよね〜

日本時間で明日13日22時から決勝戦です

女子シングルス決勝
世界ランク33位のバルボラ クレイチコバ(チェコ)と、同32位のアナスタ パブリュチェンコワ(ロシア)の顔合わせとなりました
f:id:truelies1:20210612082808j:plainf:id:truelies1:20210612082402j:plain
両者はダブルスでの対戦経験はありますが、シングルスでは初対戦となります
クレイチコバ選手(写真左)は準決勝では総ゲーム数38、3時間18分のフルセットマッチを制しました
一方のパブリュチェンコワは1時間34分で準決勝をストレート勝ちを収めています
グランドスラム初優勝を目指す両者の一戦は、
日本時間で本日12日22時から始まります